[PR]

 和牛の遺伝資源が海外に流出するのを防ぐため、農林水産省は規制の強化に乗り出す。和牛の精液と受精卵を知的財産と位置づけ、民事面で被害救済の仕組みを整える一方、悪質なケースには刑事罰を設けて抑止を図る。通常国会に提出する新しい法案の概要を21日の自民党部会に示した。

 法案は「家畜遺伝資源に係る不正競…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも