[PR]

 ロシアのプーチン大統領は21日、ミシュスチン新内閣の閣僚を任命した。プーチン政権の外交や防衛政策を支えるラブロフ外相やショイグ国防相ら重鎮は留任した。プーチン氏は同日、新閣僚との初会合で、新内閣の役割について「国民福祉の向上と世界での我が国の地位強化だ」と話した。(モスクワ)

こんなニュースも