[PR]

 「疑惑国会」最初の論戦として注目された22日の代表質問で、安倍晋三首相は従来の政府説明を繰り返した。野党を当てこする場面も見られ、野党の質問に正面から答えることはなかった。説明責任には背を向け、幕引きを急ぐ首相の姿勢が改めて鮮明となった。▼1面参照

 ■「名簿は廃棄」守りの答弁 桜を見る会

 5…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも