三菱自に報告を指示 国交相、排ガス不正容疑で

有料会員記事

[PR]

 ディーゼル車の排ガス規制を逃れる不正な装置を搭載したとして、独検察当局が三菱自動車ドイツの拠点などを詐欺容疑で捜索したことを受け、赤羽一嘉国土交通相は24日の閣議後会見で、不正が疑われるエンジンシステムを搭載した車が国内で売られているかどうかなどを31日までに報告するよう三菱自に指示したことを明…

この記事は有料会員記事です。残り192文字有料会員になると続きをお読みいただけます。