(書評)『ベルク「風土学」とは何か 近代「知性」の超克』 オギュスタン・ベルク、川勝平太〈著〉

有料会員記事

[PR]

 ■二元論超え仏教哲学の視点持つ

 オギュスタン・ベルクと川勝平太、ともに東西の哲学に通じ、西洋哲学を相対化する仕事をしてきた両氏による「風土学」の展開を楽しみに手に取った。

 第3章を成すコスモス国際賞受賞記念講演で、ベルク氏は、持続可能な文明へのパラダイムシフトに向けて、人間を地球に結びつける「…

この記事は有料会員記事です。残り783文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら