[PR]

 目の不自由な人たちに、読書の喜びをどう届けるか。だれもが使いやすい施設をめざしてきた公共図書館にとっては、大きな課題だ。処方箋(せん)の一つが、「音訳」と呼ばれるサービス。本を読み上げてCDなどに録音し、聞いて楽しめるようにするもので、各地に広がっている。

 調布市立中央図書館(東京都)では、公募…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも