(聖火がまちに:5)岐阜 いじめゼロへ、原発自主避難の友を胸に TOKYO2020

有料記事

[PR]

 遠く離れた「福島の友達」を決して忘れない。岐阜県聖火ランナーに決まった岐阜市の中学2年、杉山陽紀(はるき)さん(14)は、そんな思いを強く持つ。

 小学5年だった3年前、東京電力福島第一原発の事故で福島県から自主避難した少年がいじめを受け、不登校になった問題を知った。

 「原発事故を正しく理解せ…

この記事は有料記事です。残り369文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント