(声)地域のどんど焼き、いつまでも

有料会員記事

[PR]

 パート 草野身知子(東京都 57)

 今年も地元で「どんど焼き」があり、手伝いに行った。子供たちの獅子舞やおはやし、昔遊び、お汁粉のふるまいなどのほか、写真コンクールといった新たな試みもあり、小学校の校庭はにぎわっていた。

 メインイベントがどんど焼きだ。たち上る炎と煙を眺めながら、大きなお祭りが…

この記事は有料会員記事です。残り216文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載

この連載の一覧を見る