(論壇時評)芸術の本分 不確実さに耐え変革の力に ジャーナリスト・津田大介

有料会員記事

[PR]

 昨年のカンヌ国際映画祭韓国映画として初めて最高賞パルムドールを受賞し、アジア映画として初のアカデミー賞作品賞にノミネートされたポン・ジュノ監督の「パラサイト 半地下の家族」の人気が世界中を席巻している。韓国の格差社会をテーマにした同作の魅力を、増保千尋は「徹底したリアリズムと際どいブラックコメデ…

この記事は有料会員記事です。残り2686文字有料会員になると続きをお読みいただけます。