プラ由来化学物質、海鳥の体内に蓄積 脂肪・肝臓から高濃度検出

有料会員記事

[PR]

 化学添加剤を含んだプラスチックを食べた海鳥の脂肪や肝臓に、食べたプラ由来の化学添加剤が蓄積することを、東京農工大や北海道大などの国際研究チームが実証し、30日付の米専門誌カレントバイオロジーで発表した。世界的に問題の海洋プラスチックを海鳥がのみ込むことで、体内組織が化学物質で汚染されることを示す研…

この記事は有料会員記事です。残り405文字有料会員になると続きをお読みいただけます。