[PR]

 現行の母体保護法下で望まない不妊手術を受けさせられたのは人権侵害だとして、岩手県の男性と東京都の女性が30日、日本弁護士連合会に人権救済を申し立てた。知的障害者などへの強制的な不妊手術を定めた旧優生保護法の改正後も、国の周知が不十分だったために本人が望まない手術が続いてきたと訴えている。

 申し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも