[PR]

 1966年5月。カンヌ映画祭は揺れていた。“シャバダバダ”――フランシス・レイのメロディーに乗り、波も、そして、心も揺れた。

 クロード・ルルーシュ28歳。一部の批評家に酷評され、製作・監督・撮影、ひとりで担う「男と女」に起死回生を賭ける。気難しいカンヌは諸手(もろて)を挙げず、グランプリ(パルム…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら