(そよかぜ)架け橋のフリーハグに ソウル

有料記事

[PR]

 今年最初の週末。ソウルの観光名所・仁寺洞は、家族連れやカップルでにぎわっていた。檜垣祐太郎さん(24)は友人の日本人女性と街頭に立った。片手でスケッチブックを頭上に掲げた。日韓の国旗を描き、英語でシンプルなメッセージを添えた。「フリーハグ 私たちは一つ」。裏面には韓国語で「韓国を愛しています」。

この記事は有料記事です。残り751文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!