(大志 藤井聡太のいる時代)鮮烈編:7 11年前の覇者「この子と真剣勝負か」…敗戦

有料記事

[PR]

 開始から1分。シャッター音がやみ、報道陣が壇上から去ると、500を超す観客席は水を打ったように静まりかえった。

 順位戦の痛い敗戦から11日後の2019年2月16日、藤井聡太七段(17)は第12回朝日杯将棋オープン戦の準決勝で行方尚史(なめかたひさし)九段(46)=当時八段=との公開対局に臨んだ…

この記事は有料記事です。残り635文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント