(私の視点)「プラゴミ」定番の結論 批判精神、摘んだ証しか 蜷川純雄

有料記事

[PR]

 大学の推薦入試などを控えた生徒に対して、小論文の指導をする機会がある。練習用に出される時事テーマの定番は環境問題だ。中でも、プラスチックゴミの問題は、生徒たちが必ず書かされるもののひとつだ。

 いわく、プラスチック製品は大変な勢いで増え、リサイクルを担ってきたアジアの国々でのゴミ処理も行き詰まって…

この記事は有料記事です。残り957文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント