(声)肺がん検診、毎年受けていたのに

有料会員記事

[PR]

 鍼灸(しんきゅう)師 梅津由起夫(東京都 51)

 私の妻は3年前に肺がんで亡くなりました。夫婦で肺がん検査を毎年受けて異常がなく、症状が出始めても「3カ月前に検査したし、肺がんではない」と思い込んで、すぐには医療機関にかかりませんでした。しかし症状は悪化。半年後に再検査したら、「ステージ4の末期…

この記事は有料会員記事です。残り353文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載

この連載の一覧を見る