[PR]

 高校野球の長い歴史のなかで、球児の体を守る機運が高まり、対策がとられたことは何度かあった。

 1958年の春季四国大会。徳島商の板東英二投手が準決勝と翌々日の決勝で計41イニングを投げた。同年夏の第40回全国選手権大会から、延長は十八回で打ち切って引き分け再試合とするルールができた。

 91年の第…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも