[PR]

 佐賀市の男性宅に残る、琉球国王だった尚家ゆかりの盃(さかずき)などが、沖縄県に寄贈される。男性の曽祖父は明治から大正にかけ、沖縄の発展に尽力してきた。激しい地上戦のあった沖縄では戦前の史料は貴重なうえ、首里城火災で文化財が失われるなか、「沖縄の支えになれば」と寄贈を決めた。

 寄贈するのは、斎藤…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも