[PR]

 ■講談師・一龍斎貞水

 《戦時中は父のアトリエ兼別荘がある箱根で過ごした》

 そのうちに空襲が来るだろうってんで、かなり前からいましたよ。東京が空襲されたときは、東の方の空が赤くなってたからね。

 魚の配給が小田原の港であるから、箱根から取りに行った。あの頃の魚ってね、アンモニアくさいんですよ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも