[PR]

 共働きが増えても、家事の負担はまだまだ女性の方が重い。それが女性の「働きづらさ」につながっていないだろうか。そんな状況を変える取り組みを企業や自治体が始めています。(才本淳子)

 ■負担の差、長時間労働なども関連

 京都市の女性(37)はフルタイムで働きながら6歳と2歳の男の子を育てる。夫(39…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも