[PR]

 iPS細胞から心臓の筋肉の細胞(心筋細胞)をつくり、重い心不全の患者に移植する慶応大のグループの臨床研究について、学内の委員会が計画を承認した。慶応大が6日発表した。2020年度中の実施を目指している。

 研究しているのは福田恵一教授(循環器内科)らのグループ。心臓を収縮させる心筋細胞の働きが悪く…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも