[PR]

 7日、第2日がソウルであり、男子ショートプログラム(SP)で、初優勝を狙う五輪連覇の羽生結弦(ANA)は、自身が持っていたこれまでのSP世界最高得点110・53点を上回る111・82点で首位に立った。ユース五輪覇者の鍵山優真(星槎国際高横浜)は91・61点で5位。全日本選手権6位の友野一希(同大)…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも