[PR]

 14日のバレンタインデーを前に、百貨店の商戦が熱を帯びている。義理チョコ需要の減少を背景に市場が縮小傾向となるなか、各社は、男女を問わず自分のために買いたくなるよう、店に来てもらえる仕掛けに力を入れる。品ぞろえでは、健康や社会貢献を意識したものも目につく。

 高島屋の今年のテーマは「自分買い」。食…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも