[PR]

 経営再建中の大塚家具は10日、2020年4月期通期の純損失が66億円の赤字になる見通しだと発表した。売り上げの低迷から抜け出せず、昨年末にヤマダ電機の傘下に入って在庫の評価方法を見直し、18億円の評価損を計上したことも響く。昨年末のセールも振るわなかったという。21年4月期に5期ぶりの黒字化をめざ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも