[PR]

 戦後日本を駆け抜けた猛烈サラリーマンがセカンドキャリアに選んだのは、人材不足が深刻な保育士の仕事だった。いまは東京都内の保育園で働いているという。1月上旬、その現場に足を運んだ。

 「じじ先生、遊ぼうよ!」

 静かな住宅街にある保育園に入ると、エプロンを着けた白髪頭の男性が子どもたちに囲まれ、とび…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも