[PR]

 ビルや橋などの取り壊しで出るコンクリートのがれきを砕き、木材の粉などを混ぜ合わせて焼き固めることで、再びコンクリートとして利用する方法を東京大生産技術研究所などが開発し、発表した。これまでの再利用ではセメントを加えていたが、不要になるため、セメント生産で出る二酸化炭素(CO2)を削減できると期待さ…

この記事は有料会員記事です。残り412文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り412文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り412文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも