[PR]

 『ジョーカー・ゲーム』などで知られる作家の柳広司さんが2年半ぶりの長編小説『太平洋食堂』(小学館)を出した。明治時代の大逆事件に連座して刑死した医師の大石誠之助(1867~1911)が主人公だ。埋もれた歴史や現代日本にも通じる国家権力の危うさに光を当てた。

 日露戦争まっただ中の1904年、紀州・…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら