[PR]

 喫煙者の気管支の細胞は、たばこを吸ったことがない人と比べ、遺伝子が平均で5千個多く変異していることが、英ウェルカム・サンガー研究所などの研究でわかった。遺伝子変異は発がんに関わり、がん細胞に多いことは知られていたが、正常な細胞も喫煙によってダメージを受けることが裏付けられた。

 英科学誌ネイチャー…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも