[PR]

 〈四章 東京 その四〉の続き。日露戦争のさなか、海軍の東郷平八郎は鳳凰機関こと要造に、未来視を要求。バルチック艦隊が通るのは、対馬海峡か、津軽海峡か。要造は当てずっぽうで選び、はずれたら時間を巻き戻す算段をした。

 

「……み、緑です! 津軽海峡ルートです! バ、バルチック艦隊は太平洋を進み、津…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも