[PR]

 ダンサーで振付家の砂連尾理(じゃれおおさむ)が、昨年3月から水戸芸術館(茨城)で「変身―ええ、私です。又あなたです。」と称するワークショップを開いてきた。「変身」をテーマに砂連尾が一般の参加者たちと障害や老い、母親になることなど、それぞれの実体験に基づいて対話を重ね、それを身体表現へと転換させる試…

この記事は有料会員記事です。残り721文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り721文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り721文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも