[PR]

 ブライアン・デ・パルマはつねに、映画よりも映画を見ることに興味があった。現実そのものではなく、現実のシミュレーションにこそ惹(ひ)かれる原型的なオタクだと言える。現実に関与しようとするのではなく、その仕組みを見つめて嘆声を洩(も)らす。それは世界を、テレビに登場する「ピタゴラ装置」のようにとらえる…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも