[PR]

 東日本大震災の被災自治体によるふるさと納税で、語り部の話を聞いたり、震災遺構を見学したりといった「無形の返礼品」が広がり始めている。全国的に返礼品が「モノからコト」へと広がる流れに乗りつつ、震災の風化防止につなげる狙いがある。

 岩手と宮城、福島各県の沿岸部を中心とした被災42市町村のうち、震災…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも