(耕論)選択と集中、合理的? 仙石慎太郎さん、金森勝雄さん、沼上幹さん

有料記事

[PR]

 「選択と集中」。経営学で使われてきた言葉が、バブル崩壊後は国や地方の予算分配にも使われるようになった。一見、合理的な言葉のように思えるが、本当にそうなのだろうか。

 ■トップダウン偏重、逆効果 仙石慎太郎さん(東京工業大学准教授)

 「選択と集中」は、誤解を招きやすいキーワードです。意図的かどう…

この記事は有料記事です。残り3502文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!