(ことばサプリ)受け身、やめられない? 「私」を消す意識の現れか

有料記事

[PR]

 「高齢化という課題が突きつけられている」「今後の成り行きが注目される」。新聞記事に時々顔を出す「れる・られる」。「誰が」や「誰に」が具体的に想像できず、何かひとごとのような、自然の成り行きに任せるような印象を受けないでしょうか。

 かつて作家・井上ひさしは「受け身上手はいつからなのか」と題して、「…

この記事は有料記事です。残り614文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。