[PR]

“……親愛なる少年”尊師が口にしたのは、何かの建物の角を、曲がった際だったろうか。まだ黄色い砂が舞っていた。

“私が笑ったのは”

 尊師はまだ私を見なかった。宿を探すように目を動かし続けていた。

“あの気の毒な、目の見えない人間が、倒れたからではない。追突した時の豚の様子で……、笑ったのだよ”

“わ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも