夫婦別姓導入へ要望書

[PR]

 選択的夫婦別姓の導入を求める市民団体は14日、国会内で会合を開き、与野党の党首らに早期の法改正を求める要望書を渡した。

 野党から立憲民主党枝野幸男代表、国民民主党玉木雄一郎代表、共産党志位和夫委員長らが出席。与党は自民党の木村弥生衆院議員や公明党石井啓一幹事長代行らが参加した。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント