[PR]

 広島県警広島中央署で2017年、特殊詐欺事件の証拠品8572万円が盗まれた事件で、県警は14日、事件後に死亡した、元同署の脇本譲警部補(当時36)を容疑者死亡のまま窃盗と建造物侵入などの疑いで書類送検した。脇本警部補は生前の任意聴取に容疑を否認。しかし県警は、状況証拠を積み重ね、ほかに事件に関わっ…

この記事は有料会員記事です。残り1265文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1265文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1265文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも