[PR]

 幕末の浪士隊・新選組で副長を務め、北海道・函館の五稜郭の戦いで命を落としたとされる土方歳三。司馬遼太郎の小説「燃えよ剣」などで「鬼の副長」のイメージが定着しているが、限られた史料からは意外な姿も見えてきている。

 天保6(1835)年、武蔵国多摩郡石田村(現在の東京都日野市石田)で豪農の子として…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら