多忙すぎる教員、何とかしたい 通知表、年3回→2回 欠席連絡、電話→メール モデル校、1日1時間減

有料記事

[PR]

 教員の多忙化を何とかしたいと、一般社団法人「日本教員多忙化対策委員会」が千葉県柏市と協定を結び、改革に取り組んでいる。モデル校の教員に密着し、通知表書きや部活動の時間を精選したところ、教員の1日当たりの平均在校時間は最も忙しい月で1時間ほど減った。この試みを今年、希望する自治体に拡大する計画だ。

ここから続き

この記事は有料記事です。残り1804文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。