(いま子どもたちは)命をいただく:2 酪農の楽しさ、子牛に教わった

有料記事

[PR]

 (No.1651)

 大阪府立農芸高校(堺市美原区)の酪農専攻には、昨年11月に生まれた子牛がいる。「麟太郎(りんたろう)」。2年生の栗崎笑瑠(えみる)さん(17)がそう名付け、世話を担当している。

 1月下旬、修学旅行から戻り、2週間ぶりに顔をあわせた。「大きくなってる! でも柵をなめる癖は変…

この記事は有料記事です。残り721文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント