[PR]

 一大スキャンダルを巻き起こした草地の上の裸婦像……というと、フランスの画家マネがパリで展示した「草上の昼食」(1863年)を思い浮かべる人が多いだろう。それから19年後、ハンガリーの画家シニェイ・メルシェ・パールがウィーンとブダペストで展示したこの絵も、同様に酷評を受けた。

 草地に寝そべり、頬杖…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも