不妊に関わる遺伝子を発見 熊本大など、マウス実験で

有料会員記事

[PR]

 熊本大などの研究チームは、マウスの実験で不妊の原因に関わる遺伝子を発見した。卵子や精子がつくられる時に「スイッチ」としてはたらく遺伝子で、ヒトにも存在するという。米科学誌「ディベロップメンタル・セル」に掲載された。

 卵巣や精巣内では、染色体の数が元の半分になる「減数分裂」という特殊な細胞分裂が起…

この記事は有料会員記事です。残り315文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら