(明日へのLesson)第3週:キャンパス 多分野の専門家招き、社会を考える 小野創さん

有料会員記事

[PR]

 ■「なぜ」を突き詰め、学生とつくる 津田塾大学准教授・小野創さん

 津田塾大学(東京都小平市)で、1970年代から続く授業がある。

 1年生を中心に、約300人が受講する「総合」。そのときどきの学生の関心や社会課題に応じ、さまざまな分野の第一線にいる専門家を招く、分野横断型の授業だ。公開講座で、親…

この記事は有料会員記事です。残り1903文字有料会員になると続きをお読みいただけます。