[PR]

 京都大の研究チームが、マウスの生殖細胞が雌化するのに必要な遺伝子を特定した。人工的にES細胞やiPS細胞から卵子をつくり出す技術の開発につながる成果だ。研究成果は14日、米科学誌「サイエンス」電子版に掲載された。

 チームの斎藤通紀・京大教授らはこれまで、ES細胞やiPS細胞を生殖細胞に変化させ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも