[PR]

 検察トップの稲田伸夫検事総長が19日、全国の高検検事長や地検検事正らが集まる会議で、刑事事件の被告の保釈について、「必要な場合はちゅうちょすることなく抗告し、積極的に裁判所の適正な判断を求めてほしい」と訓示した。裁判所の判断に不服がある時は反論する姿勢を強調した。

 裁判所は近年、積極的に保釈を認…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも