[PR]

 東京高検の黒川弘務検事長(63)の定年延長問題をめぐる国会答弁が、政府側からあっさりと撤回された。安倍晋三首相らの答弁とのつじつま合わせとの見方も出ており、論争が収まる気配はない。国会提出資料を白塗りしても政府が「改ざん」と認めないなど、議論の土台がねじ曲げられる異常事態が続いている。▼1面参照

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも