[PR]

 理学療法士や医師、看護師らがカフェやバーの運営に関わり、「まちづくり」の一役を担いはじめた。コーヒーやワインを飲みながら、ざっくばらんに語り合うことで、医療・介護職と地域住民の距離を縮めるだけでなく、住民同士のつながりを深める効果もありそうだ。各地の取り組みを取材した。

 1月上旬、東京都府中市…

この記事は有料会員記事です。残り1715文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1715文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1715文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも