オペラ空間、どーんと日本印 カウンターテナー歌手・演出家、彌勒忠史

有料記事

[PR]

 和洋の枠を超えた舞台演出で知られるカウンターテナー歌手の彌勒(みろく)忠史が、バロックオペラに引っ張りだこだ。「海外から来る作品をありがたがるのではなく、どーんと日本印が押された作品を発信したい」と力強く話す。

 16日に終わった神奈川・横須賀芸術劇場の「リゴレット」を含め、2~3月で3本を手掛…

この記事は有料記事です。残り772文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。