(声)「紙対応」の任天堂ありがとう

有料記事

[PR]

 主婦 津阪邦子(千葉県 70)

 母は還暦を過ぎたころから任天堂ゲームボーイのテトリスが大好きで、いつもそばに置いて楽しんでいた。ところが95歳の時に体調を崩し寝込んでしまった。同じころ、3台目のゲームボーイも故障。ほうぼうのお店をあたったが販売されておらず、修理もできないと言われ困っていたら、息…

この記事は有料記事です。残り282文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!