(声)卒業の季節が来ると思い出す

有料記事

[PR]

 農業 兼子ひろ子(福島県 81)

 卒業式が近くなると、思い出すことがあります。私が小学校6年生の卒業式当日のことです。

 母は手が器用で、私たち姉弟が身に着ける物はすべて手作りしてくれていました。特に編み物が得意で、帽子、カーディガン、セーター、ズボン下、スカート、靴下に至るまできれいに着飾らせ…

この記事は有料記事です。残り221文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!